読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

微表情読みとりトレーニング問題2

 

本日は、某クライアント様のもとでセミナーをさせて頂いておりました。

そこで、私が驚きの微表情を隠せなかった一コマがあったのです。

 

セミナーでは、微表情読みとりの現状レベルを測るために最初に事前テストを行います。次に表情筋と感情との関係を解説し、動画を利用した微表情読みとりトレーニングを行います。最後に微表情読みとりスキルがどのくらい向上したかを測る事後テストを行います。

 

本日のセミナーでのトレーニング時間は、20分程でした。

通常ならば、このくらいのトレーニング時間ですと、事前テストに比べ事後テストの成績が向上するのは、参加者の方々の1/4未満です。

 

しかし今回は驚くべきことに、セミナーに参加された大半の方々が、事後テストの成績が向上されたのです。

1時間のトレーニング後に見られることならば、普通ですが、この短時間でこの成績の向上が起きたケースは今回が初めてでした。

 

ちなみに、そのクライエント様は、普段から人の顔をよく観る職業の方々です。

この潜在能力の高さに、私も思わず、「驚き」の微表情が出てしまいました。

凄いですね。

 

経験は科学によってさらに磨きがかかる。 

 

そんなことを実感させて頂けたセミナーでした。

 

 

さて、本日の微表情読みとりトレーニング問題です。

みなさんの潜在力を是非発揮してみて下さい。

 

この方はどんな感情を心に秘めていますか?

どんな微表情が観察されますか?

 

 

 

解答解説は来週させて頂こうと思います。

 

 

清水建二