微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

味わっている?食に鈍感・敏感?を科学する

 

最近、孤独のグルメ深夜食堂にハマっています。清水です。

 

今日のテーマは、食と表情です。

 

食を味わっているときの表情というものが研究されています。

 

家族、友人、恋人、同僚、上司や部下、はたまた接待相手の食事中の表情を観察したことはありますか?

 

味を感じている人、味わう人はどんな表情をしているのでしょうか?

 

結論から書きますと、基本味と言われる甘味・酸味・塩味・苦味・うま味、どんな味にも関わらず、味わっている人は「唇がプレスされる」「口角が引き下げられる」「口が開かれる」という動きをすることがわかっています。無味の水を味わっている人にも、こうした表情が観察されることがわかっています。

 

こうした表情の有無を観ることで、味に対する向き合い方がわかりますよね。例えば目の前の相手が、こうした動きを見せれば味、すなわち食を楽しみたいことがわかります。そんな相手には会話中でもちょっと会話を止めて、味わう時間を割くという気遣いも大切かも知れません。

 

より具体的な味と表情との関係についてもわかっています。甘味を感じると「口角が引き上げられる」、酸味・塩味・苦味を感じると「眉が中央に引き寄せられる」という動きが生じることがわかっています。

 

甘味はおそらく、進化心理学的に安全な食物であると私たちの遺伝子が知っているため、幸福に関連する表情筋が動くんだと思います。酸味・塩味・苦味に関しては、ひょっとしたら有毒かも知れないため、よく味わい、安全か否かを確かめているのではないかと思います(酸味と苦味に関しては「鼻にしわが寄せられる」という嫌悪に関連する動きも観察されています)。

 

実用的な応用例を考えると、酸味・塩味・苦味に関しては「眉が中央に引き寄せられる」動きが生じたら、そのあとにどんな表情になるかよく観察し、次のアクションを考えたら良いでしょう。もちろん嫌悪の微表情が表れたら、やることはOKですね。さりげなく、違う料理をススメましょう。

 

ところで、目の前の相手の顔に味わう表情筋の動きがなく、最小限に咀嚼された後すぐに食物が飲み込まれたとしたらどう解釈したらよいのでしょうか?それは、きっとみなさんとの会話を最大限に楽しみたいのか、嫌いなモノを食べているかのどちらかでしょう。

 

 

清水建二

参考文献

Wendin, K.; Allesen-Holm, B.H.; Bredie, W.L.P. (2011). Do facial reactions add new dimensions to measuring sensory responses to basic tastes? Food Quality and Preference, doi:10.1016/j.foodqual.2011.01.002

表情分析を学ぶ、分析する、教える

 

近年、表情分析に興味があるので、弊社で働きたい、インストラクターになりたい、というありがたいメールを頂くことが増えております。

 

表情分析に興味を持って頂き、私と共に歩んで頂こうとされるお気持ちは大変嬉しいのですが、科学的分析をする、あるいは仕事にする以上は最低限の知識やスキルが必要です。

 

「知識やスキルはありませんが、興味があるので勉強させて下さい。」「科学は知らないけど才能はあるのでお力になりたい。」とお問い合わせされる方は、まずは「表情・しぐさ分析総合コース」を受講されることをオススメします。6ヶ月総講義時間24時間にわたって学んで頂きます。次の開校時期は、10月です(8月にHP上で申し込みを開始します。)。

 

講義の24時間とご自身での学習を合わせておおよそ50時間~100時間くらいで、日常・ビジネスで表情分析の知見を広く活かすことができるようになると思います。

 

学術的に研究・分析出来るレベルを整えたい方は、「表情分析エキスパートコース」をご受講されることをオススメします。来年の4月頃開講予定です。これも基本講義時間自体は、6ヶ月24時間ですが、実際に分析できるようになるまで、500時間~1000時間ほど鍛錬を積む必要があると思います。

 

「インストラクターになりたい。」「教える側になりたい。」と望まれる方は、資格取得を前提としたコースの設置を検討中です。現在お持ちの心理学の知識・スキルなどにもよりますが、ご自身の学習時間を含め5000時間~10000時間はかかると思って下さい。数十時間の学習で人間心理を教える側に立つのは到底無理です。さらに本当のプロと名乗るには英語は必須です。TOEIC900程度は取得して下さい。英語で専門論文を読めなければ、表情分析や感情心理学に関する最新知識を得ることが出来ません。

 

少々厳しい書き方をしてしまっていますが、表情を読むをことを科学にする、あるいは仕事にするには、それだけ研磨が必要だということをご理解下さい。

 

 

清水建二

2017年7月13日(木)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

 

本日は、一昨日の木曜日に開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。

 

f:id:micro-expressions:20170713082055j:plain

前日入りしていたホテルの部屋からの風景

 

今回、面接LABOにて私が登壇させて頂いた時間帯は、11:00~12:00の回と12:30~13:30の回の2回でした。

 

第一部のテーマは、恒例のコンテンツ!「面接官の本音を見抜いて事態を好転させる面接術~君はなぜ面接に落ちてしまうのか?~」でした。

 

①自分だけの視点・オリジナル回答を自分の感情を利用して作成する方法

②一貫したセールスポイントの伝え方

③面接官の眉を観て、話のスピードと量を調節する表情コミュニケーション法

 

を教えさせて頂きました。

 

特に③は面接の場だけでなく、普段のコミュニケーションにも使ってみて下さい。最も手軽かつ効果的な表情コミュニケーション法です。社会人でさへ、これ、意外と出来ない方が多いんです。

 

第二部のテーマは、「【予防と訓練】あなたの面接ココがダメ?!君のココロを読んでいる面接官のココロ教えます」と題し、面接官のココロについて面接官の目と質問意図について教えさせて頂きました。

 

面接官の目では、

①ウソのサインと緊張のサインの違い

②素人とプロのウソ検知率の差

について動画を用いて学生さんにウソ検知テストを受けて頂きました。

 

ウソとは関係のない単なる緊張のサインにも関わらず、このサインが出ているとウソをついていると誤解してしまう、そんな人々の動きを動画を観て体感して頂きました。他人のフリみて我がふり治せ、ですね。もしみなさんもウソと誤解されやすい緊張のサインを出してしまうようならば、セミナーで紹介した誤解を防ぐ方法を実践してみて下さい。

 

面接官の質問意図では、

①想定外質問の意味

②「最後に質問ありますか?」を翻訳する!?

をお話ししました。

 

例えば、「あなたを動物に例えると?」「あなたをおもちゃに例えると?」「あなたをお菓子に例えると?」…こうした説明は全て〇〇を聞いている!「社内規則を破って効率的に仕事をこなす先輩を見たらあなたはどうする?」に対する一貫性のある回答もしくは一貫性の崩し方などを紹介しました。

 

そうそう「最後に質問ありますか?」も意外な盲点ですよね。本当に質問があるか聞いてくれている場合もあることはありますが、大抵は「最後に言い残したことありますか?」「最後にアピールしたいことありますか?」という意味です。ですので、ここで10分も20分も面接を長引かせるようなガチな質問はしないでね、という老婆心的なこともお話しさせて頂きました。

 

次回の登壇は8月21日(月)となります。清水の就活セミナーに興味のある方はディスコさんのHPでチェックしてみて下さいね(ちなみにまだ清水のセミナーの申し込みは開始しておりません)。

 

job.career-tasu.jp

 

追伸:

セミナー後に、「面白いセミナーでした!」とか「本買わせて頂きました!」「テレビ見ました」などなど言ってくれる学生さん、ありがとうございます!そうした一声がとても嬉しいです、励みになります😊

 

 

清水建二

 

2017年7月4日(火)「この差って何ですか?」出演の舞台裏―ウソ検知実験本番編

 

7月4日(火)放送の「この差って何ですか?」のスタジオ収録に先立ち、いよいよ私がウソを見抜いている様子及びウソのサインを解説しているシーンを撮影する日が来ました。

 

私にとっては、スタジオ収録の日よりもはるかに緊張した日です。

 

もう一度、実験状況のおさらいです。

 

実験参加者10人一人一人に5つの質問をし、どの質問でウソをついていたかを当て、さらにウソのサインを指摘するというものです。質問は基本的にはクローズド質問、一人に与えられた質問時間は20分程度です。

 

カメラマン2人、音声さん1人、アシスタントの方数名、ディレクターさん、プロデューサーさん、実験参加者の方々と何名もの方々が集まって下さいました。

 

実験が始まる前の私の心境は、「これは残念な結果には絶対に出来ない(汗)」というものでした笑

 

いよいよ実験、スタート。ここ数週間の中でも最も肩の凝った日、すなわち、集中した日でした。

 

実験参加者の一挙手一投足逃すまいと全身全霊集中し、とはいえ、参加者の方によけいなプレッシャーを与えないように、声と態度はソフトに淡々と質問し、ときに同調しながら、情報収集のプロセスを進めていきました。

 

私がウソかどうかを判断する瞬間、めちゃくちゃ悩みました。リアルな事件の人物に対する推定よりも悩みました。「この唇のプレスは返答に頭を悩ますゆえか?」「このレベルの嫌悪は、ウソをついているのではなく、ウソつきだと疑われていることからくるものなのではないか?」「本来ならこの軽蔑をホットスポットとしてとらえ、深堀質問していきたい!」などなど悩みながらも、判断していきました。

 

本実験の結果としては、私のウソ検知率は80%でした。

 

「ふーーーーーーーー」です。

 

専門家の面目保てたり。笑

失うものが大きい判定者は強い。笑

 

ウソを見抜いたあと、参加者の方にどこがウソのサインだったのかを解説したり、そのサインが出てきたときの心理をインタビューさせて頂いたり、スタジオ収録ではどの場面を使おうかなどなど、やり取りし、なんだかんだで10時間くらいロケは続きました。

 

長い一日でしたが、私にとっては、今回のような実験状況でもウソをソコソコ見抜けることが出来る、すなわちウソのサインが出るということがわかったこと、ウソをついているときの心理をつぶさに聞かせてもらえたこと、沢山の方と協力して仕事が出来たことは、本当にありがたいことでした。

 

それでも、また同じ実験参加してもらえますか?って言われたら、まぁ、不安ですよね。笑

 

これまでテレビに何度か出演させて頂いておりますが、毎回、思わせて頂くことがあります。今回も打ち合わせからスタジオ収録と番組制作の裏側を見せて頂きましたが、観るのは一瞬でも、制作するまでには、本当の多くの方々が関わり、綿密な準備と放送の何倍もの時間が合わさって番組が完成するのだな、と本当に感心させて頂きました。番組スタッフの方の素晴らしい段取り、MCの加藤さん&川田さんの秀逸なテンポ、タレントさんの笑いを誘うトーク力と、本当に気持ちよく仕事をさせて頂けました。ありがとうございました。

 

 

清水建二

2017年7月4日(火)「この差って何ですか?」出演の舞台裏―ウソ検知率って平均どれくらい?編

 

7月4日(火)放送の「この差って何ですか?」のスタジオ収録に先立ち、打ち合わせ中に急遽、私がウソをどれくらい読みとれるかの仮実験がなされました。

 

いきなりだったので、「え~!」となり、不安でしたが好奇心の方が勝り、私は結構前のめりに。なぜなら、本当のインタビューでは1~2時間かけて推定のプロセスを経るところを10分やそこらでウソかどうか判断したら自分のウソ検知率はどのくらいの精度になるのだろうか、と気になったからです。

 

その結果が、75%だったのです。

 

私たちが偶然ウソを見抜ける確率は、ウソか本当かのうちの一つですので、50%です。様々なウソ検知実験が示すところによれば、何の訓練も受けていない人々がウソ検知を試みると、その精度は平均54%になることがわかっています。警察官が本当の取り調べでどのくらいの精度でウソを見抜けるのかが計測された実験では、平均60%ちょっとという数字が見出されています。つまり、ウソつきがウソがばれることによって失うものが大きく、日々ウソに接している警察官は、私たちより少しだけウソ検知の精度が高くなるということがわかります。

 

それで私の数字75%に戻ってきます。

 

結構、好成績ですよね?

 

自分でも驚きました。ある質問をしたとき、嫌悪の微表情が出たり、唇をプレスする動きが観られ、会話内容との整合性から推測したら、1問ミスで済みました。

 

それでもまだ4回やってみただけだし、本実験を行いテレビで自分のウソ検知率が公開されるのはリスクあるな~と思いつつも、どこかで読んだ論文の内容を思い出していました、それは、「判定者の側に失うものが大きいと、ウソを見抜く精度が上がる。」というものでした。

 

なるほど、これかな。

 

ちなみに表情分析の大家、そして私の先生の先生であるポール・エクマン先生のウソ検知率は90%ですけどね。

 

次回は本実験の様子をご紹介します。

 

清水建二

 

2017年7月4日(火)「この差って何ですか?」出演の舞台裏―ウソ検知状況を作る難しさ編

 

7月4日(火)放送の「この差って何ですか?」に出演させて頂きました。ご覧になられた方、どうもありがとうございます。テーマは「ウソのサイン」でした。私はスタジオにてパネラーの皆様へウソのサインについてご紹介させて頂きました。

 

無事に収録は終わり放送して頂き、私もスタッフさんもホッとしているのですが、この収録をするために行われたウソ検知実験の成否に一抹の不安がありました。

 

収録に先立ち、番組のスタッフの方から連絡を頂き、企画会議にてウソのサインのウソ・ホントを説明させて頂きました。30くらいのリスト化されたよく聞くウソのサインが科学的に正しいか否かを解説させて頂きました。

 

企画になりそうだということで、本当の事件映像や弊社所有の実験動画を使ってウソのサインについて私が解説する流れとなりました。

 

しかし、やはりただウソのサインを解説するだけでなく、「清水さん本人が実際にウソを見抜き、それを解説して欲しい」ということをお願いされました。

 

正直、悩みました。なぜなら事件やスキャンダルなどのリアルな関係者のウソを見抜く状況と番組に用意して頂いたウソ検知実験状況とがかなり異なっていたためです。

 

後日、打ち合わせ2回目。

 

実験状況のいくつかの案を頂きました。実際に採用された実験状況は、実験参加者10人一人一人に5つの質問をし、どの質問でウソをついていたかを当て、さらにウソのサインを指摘するというものでした。

 

質問は基本的にはクローズド質問、一人に与えられた質問時間は20分程度でした。

 

最初の私の反応は、

 

「いやいやいや、それはムリ!」チャンスレベルを少し超える程度(60%)でしかウソを見抜けないと思いますよ。」

 

というものでした。

 

なぜなら、実際の事件関係者に対するウソ検知の状況では、基本的にはオープン質問、一人に対して1時間、2時間のインタビューをするのは当たり前です。またウソのサインは、あくまでもホットスポット、つまり深掘りポイントに過ぎないので、ウソのサインを見つけたらそこから観察+質問法を駆使して、本格的なインタビューがスタートすると言っても過言ではないからです(そして最終的には何十時間もインタビューが行われたりします)。さらにリアルな事件で重大なウソをついている人間は感情や認知的な負担が高いので、ウソのサインが出やすく、今回の番組や大学の研究室で行われる実験状況よりウソが見抜きやすいという事情があるのです。

 

そんな不安とスタッフさんに対する私の必死の説明がありつつも、ま、とりあえず実験してみましょう、ということでその場にいらしたスタッフさんに4回の仮ウソ検知実験を実施しました。

 

仮実験の結果…清水のウソ検知率は…4回中3回成功、すなわち75%でした。

 

これは凄いのか?微妙なのか?

 

次回に続く。

 

 

清水建二

学術論文を読もう第三回―表情から消費者の感情を計測する:考察編

 

本日は第三回です。課題学術論文は、第一回・第二回からの続き、

 

Matsumoto, D., Hwang, H. S., Harrington, N., Olsen, R., & King, M. (2011). Facial behaviors and emotional reactions in consumer research. Acta de Investigacion Psicologica (Psychological Research Records), 1(3), 441-453

 

です。

 

本日は本論文の考察について要約及び私のコメント(➡で書きます)を書かせて頂こうと思います。

 

考察

 

第①パラグラフ

表情を計測することは消費者の感情世界の洞察を得る価値のある方法を提供してくれた。感情を細かく分類することによって重要な情報を得ることが出来た。

 

第②パラグラフ

消費者は単なる好き・嫌いを超えた様々な感情を見せた。

 

第③パラグラフ

計測された表情はとても微妙で、強度が弱いもしくは中程度で、顔の一部分にほんの12秒程度しか生じなかった。同じ感情でも様々な様態を通じて表出され得るため、素人は気付くことが出来ないかも知れない。

 

第④パラグラフ

真の幸福感情はあまり発現されなかった一方で、怒り、軽蔑、嫌悪感情が比較的多く発現された。これは幸福感情や楽しさを最大化させる目的を持つ消費者研究の常識に警鐘をならすことになるだろう。本研究の結果が示すことは、消費経験というものは、心地よさを最大化し幸福を得ようとすることよりも、不快感を最小化することから満足を得ようとしているということである。

 

第⑤パラグラフ

本研究では、幸福表情が比較的多く計測されたが、そのほとんどは作られた幸福表情であった。素人目では、両者の表情を正確に区別することは難しい。適切な調査結果を得るためには真の幸福と作られた幸福とを区別することが重要である。

 

第⑥パラグラフ

本研究から得られた知見はある疑問の回答を求めている。それはその感情はどこから来るのか、ということである。感情が生じていることは確かなのだが、何に対する感情なのかが明らかになっていない。将来の研究において、非言語行動と特定の言語とのつながりを研究することによって消費者の気持ちを特定することが出来るようになるだろう。

 

 

清水建二