読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

6割は勝つ方法!科学的感情アプローチ法―驚き編

表情分析

 

本日は、「6割は勝つ方法!科学的感情アプローチ法―驚き編」です。

 

驚きとは、どんな感情なのでしょうか。

 

驚きの表情は、眉が引き上がり、目と口が開かれる、というものです。驚きは、予期していないモノの出現によって引き起こされます。驚きを感じている人は、その驚きを引き起こしている対象や状況ををよく理解しようと情報検索をします。

 

f:id:micro-expressions:20160827202241p:plain

※本画像の権利は、株式会社空気を読むを科学する研究所に帰属します。無断転載を禁じます。

 

感情というものは、自己のネガティブな状態をポジティブな状態にするために、ポジティブな状態はポジティブな状態を保つために存在しています。自分の感情状態を手掛かりに、どのような行動をとればポジティブな状態になれるのか、ポジティブな状態を維持できるのかを意識・無意識問わず、私たちは考え、行動しているのです。

 

つまり、自身や会話相手のネガティブな状態を、表情や声、その他ボディーランゲージを通して気付き、そのネガティブ感情の機能を理解していたならば、その感情の機能を意識的にサポート、促進させるような行動をとることで、ポジティブな状態に変えることができると論理的に考えることができます。

 

具体的に驚きの場合で考えてみます。

 

営業マンが一押しの新商品の特徴をお客様に説明しています。その商品の特徴は5つ。営業マンは順に丁寧に説明していきます。3つ目の特徴を説明しているときにお客様の眉が上がりました。さぁ、どうしたらよいでしょう。

 

実際の営業マンや接客スタッフの方々の動向を観察させて頂くと、意外にお客様の情報検索シグナル、つまりお客様の眉が上がるのに気づいていない方が多いです。それに気づかず、4つ目、5つ目の特徴に説明の歩を進めてしまい、お客様の顔は上の空、という状態となります。

 

お客様は3つ目の特徴についてもっとよく知りたいのです。情報検索したいのです。

 

「お客様、もう少しこの特徴(3つ目の特徴)について詳しくご説明させて頂けますでしょうか?」

 

驚き感情の機能をサポートするには、驚き表情に気づき、こうした対応を取ることが適切です。

 

営業マンの「話したいこと」とお客様の「聞きたいこと」のギャップを埋める、科学的感情アプローチによってなせる技なのです。

 

 

清水建二

参考文献

相手の感情からニーズを理解し、非暴力的なコミュニケーションを構築していく手法を教えてくれる書籍のご紹介。

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法

 

 

そして拙著『0.2秒のホンネ 微表情を見抜く技術』です。微表情を読み、科学的感情アプローチを学びたい方にオススメです。

微表情を見抜く技術

微表情を見抜く技術

 

 

 

 

 

空気を読むを科学する研究所2016年後期公開コーススケジュール

セミナー告知

本日は、空気を読むを科学する研究所が個人様向けに開講させて頂く2016年後期スケジュールについてお知らせさせて頂こうと思います。

 

①ビジネスマンに使える「空気を読む力」―微表情から察する相手のホンネ(1日版)

日時:9月8日(木)10:00~18:00

料金:30,000円

詳細&お申し込みは以下のURLをご参照ください。

www.entrelabo.co.jp

 

②表情・しぐさ分析総合コース

日時:10月22日(土)~2017年3月25日(土)13:00~17:00

料金:97,200円

内容:1ヶ月に一回4時間の授業を6ヶ月連続して行います。「表情分析プラクティショナーコース」「表情分析マスターコース」「表情分析ケーススタディーコースⅠ」が統合されたコースです。本年度、個人様向けに実施させて頂く公開講座はこれと③で紹介させて頂く講座のみとなります。表情・しぐさについて体系的に学ばれたい方は本年度では最後のチャンスとなります。

割引情報:

これまで「表情分析プラクティショナーコース」をご受講された方は、本講座を64,800円でご受講頂けます。

これまで「表情分析マスターコース」をご受講された方は、本講座を32,400円でご受講頂けます。

これまで「表情分析ケーススタディーコースⅠ」をご受講された方は、本講座を16,200円でご受講頂けます。

※割引価格でご受講を希望の方は、弊社もしくは清水のアドレスまで直接お問い合わせ下さい。

弊社Eメールアドレス

info@microexpressions.jp

 

詳細&お申し込みは以下のURLをご参照ください。

peatix.com

 

③「表情分析英文読解コース」

日時:10月15日(土)~2017年3月18日(土)13:00~17:00

料金:97,200円

内容:1ヶ月に一回4時間の授業を6ヶ月連続して行います。英語のやり直し講座です。ただし教材の内容が表情分析や心理学に関するものだけで構成されていますので、英語と表情理論について一緒に学べる講座となっております。来年度開講予定の「表情分析エキスパートコース」を受講される前に本講座を受講されることを推奨いたします。

 

詳細&お申し込みは以下のURLをご参照ください。

peatix.com

 

④その他

「表情分析ケーススタディーコースⅠ」を本年度中にどこかで開講させて頂く予定です。スケジュールが確定次第、ご案内させて頂きたいと思います。

 

ご質問やご要望があれば、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ先:

info@microexpressions.jp

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

清水建二

 

6割は勝つ方法!科学的感情アプローチ法―恐怖編

表情分析

 

本日は、「6割は勝つ方法!科学的感情アプローチ法―恐怖編」です。

 

恐怖とは、どんな感情なのでしょうか。

 

恐怖の表情は、眉が引き上がると同時に眉間に力が入ります。そして目は見開き、下まぶたには力が入ります。口角は水平に引かれます。表情全体がこわばっている印象を受けると思います。恐怖は、身体や精神に危険を感じることによって引き起こされます。恐怖を感じている人は、その危険を回避したり、安全を確保する行動をとります。

 

f:id:micro-expressions:20160820011455p:plain

※本画像の権利は、株式会社空気を読むを科学する研究所に帰属します。無断転載を禁じます。

 

感情というものは、自己のネガティブな状態をポジティブな状態にするために、ポジティブな状態はポジティブな状態を保つために存在しています。自分の感情状態を手掛かりに、どのような行動をとればポジティブな状態になれるのか、ポジティブな状態を維持できるのかを意識・無意識問わず、私たちは考え、行動しているのです。

 

つまり、自身や会話相手のネガティブな状態を、表情や声、その他ボディーランゲージを通して気付き、そのネガティブ感情の機能を理解していたならば、その感情の機能を意識的にサポート、促進させるような行動をとることで、ポジティブな状態に変えることができると論理的に考えることができます。

 

具体的に恐怖の場合で考えてみます。

 

犯罪容疑者の取り調べが典型的ですが、誰かに嫌疑をかけているシーンを想像して下さい(会社で財布が盗まれた、領収書の内容がおかしい、業務上横領の疑いがある…etc)。容疑者に犯行に関連する質問をしたとき、容疑者の顔に恐怖の微表情が浮かぶとします。その人物を犯人だと言えますか?

 

微表情の表出をもって犯人と決めつけるのは早計です。微表情が出た原因、ここでは恐怖の原因を探る必要があります。つまり、「なぜ身体的・精神的な脅威を感じているのだろう?」という視点を持つ必要があります。冤罪になってしまうのが脅威なのか、犯した罪が露呈してしまうのが脅威なのか?どちらの方向性も考えられるのです(微表情を利用したウソ検知は、ここでは十分に説明しきれないので他の機会に譲ります)。

 

微表情の表出から、感情の原因を問うきっかけを発見する、そんな科学的感情アプローチ法としても有用です。

 

 

清水建二

参考文献

本日はいつもの一冊に加え、相手の感情からニーズを理解し、非暴力的なコミュニケーションを構築していく手法を教えてくれる書籍をご紹介したいと思います。

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法

 

 

そして、いつもの一冊

基盤としての情動―フラクタル感情論理の構想

基盤としての情動―フラクタル感情論理の構想

 

 

そして最後に私の著書、感情の活かし方を知りたい全ての方へ。

微表情を見抜き、相手の感情に沿う方法を紹介しています。

微表情を見抜く技術

微表情を見抜く技術

 

 

 

2016年8月17日(水)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

その他

 

本日は、本日開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。

 

場所は、

いつもと違うアングルから…

f:id:micro-expressions:20160817105533j:plain

東京ビックサイトです。

 

実は2017年に新卒で社会人となる学生さんに贈る最後のセミナーでした。

 

私が担当したセミナーは、2部構成とさせて頂きました。一つは、お馴染み!面接官の空気を読んで面接を突破するセミナーで、もう一つは、いつもとは趣向を変えて、人と接して会社を見極めるセミナーでした。

 

内容を簡単に振り返りたいと思います。

 

【面接官の空気を読んで面接を突破するセミナー】

 

本セミナーの要諦は、

①面接官にポジティブな印象を与えられるようにしっかり準備を!

②面接官のネガティブな空気を読んで会話の流れを円滑に!

というものでした。

 

①でお話したことは、主張―主張の裏付けー行動・体験の解釈でオリジナリティーある回答を作り、一貫した2~3のセールスポイントを形を変えて繰り返すというものでした。

 

一つだけ、解答例をこっそりご紹介させて頂きます。

f:id:micro-expressions:20160817174006g:plain

 

②でお話したことは、面接で醸し出された悪い空気の緊急脱出法でした。理解不能表情、受け入れ拒否表情とその対処法をご紹介しました。悪い空気に対処するための応急措置は、会話をストップ!間をつくる、でした。

 

【人と接して会社を見極めるセミナー】

 

本セミナーの要諦は、

①What do you do?=What is your job?=What is your occupation?

②退職理由の大半は、人間関係!

というものでした。

 

普段の面接セミナーでは、面接官の微表情から面接官が学生さんの言動にどう思っているかを見極める内容ですが、本セミナーでは、志望する会社の面接官、OB・OG、その他社員の言動から会社の良し悪し、自分に合うかどうかを見極める内容でした。

 

①では、仕事はあなたのアイデエンティティ!ということをお伝えさせて頂きました。②では、給料とか仕事のやりがいとかよりも実は職場の人間関係のトラブルで大半が退職している現実を知り、どんな質問をすれば自分の志望企業の人間模様が推測できるかをご紹介しました。

 

就職活動も大半の方にとっては大詰め、公務員試験組は、大変ですが、これからがスタートだと思います。陰ながら応援しております。どうぞ、どうか頑張って下さい。

 

 

清水建二

6割は勝つ方法!科学的感情アプローチ法―悲しみ編

表情分析

 

本日は、「6割は勝つ方法!科学的感情アプローチ法―悲しみ編」です。

 

悲しみとは、どんな感情なのでしょうか。

 

悲しみの表情は、眉の内側が引き上がり、口角が下がり、下唇が上に引き上がる、というものです。悲しみは、大切なモノ・人を失うことで引き起こされます。悲しみを感じている人は、誰かに助けを求めており、失ったモノを取り戻したいと思っています。

 

f:id:micro-expressions:20160813001420p:plain

※本画像の権利は、株式会社空気を読むを科学する研究所に帰属します。無断転載を禁じます。

 

感情というものは、自己のネガティブな状態をポジティブな状態にするために、ポジティブな状態はポジティブな状態を保つために存在しています。自分の感情状態を手掛かりに、どのような行動をとればポジティブな状態になれるのか、ポジティブな状態を維持できるのかを意識・無意識問わず、私たちは考え、行動しているのです。

 

つまり、自身や会話相手のネガティブな状態を、表情や声、その他ボディーランゲージを通して気付き、そのネガティブ感情の機能を理解していたならば、その感情の機能を意識的にサポート、促進させるような行動をとることで、ポジティブな状態に変えることができると論理的に考えることができます。

 

具体的に悲しみの場合で考えてみます。

 

仕事にミスをした部下が悲しみの表情を浮かべているとします。大切だと思っているものは何でしょうか?自尊心でしょうか?ミスした仕事を大切に思っていたのでしょうか?どちらにせよ、大切だと思うものを守るためにミスを犯さないようになることが予期されますが、具体的に何が大切なモノなのか聞き出すことで、将来のミスを防げる可能性を高めることができます。

 

「ミスした自分が恥ずかしい」と言ったようなセリフが出た場合、自尊心が大切なものの中心でしょう。今後、(自尊心が傷つかないように)あらゆるミスを起こさないように気をつけるだろうことが予想されます。しかしその部下にミスを防ぐ能力があるかどうかはわからないので、ミス防止の策を共に考える、考えてもらう、起こり得るミスについて事前に報告してもらうという策が考えられます。

 

その仕事、タスクそのものを大切だと考えていた場合、ミスをしたことで仕事に対するやる気を失ってしまうかも知れません。特にその仕事が一回きりのプロジェクトだったりするとなおさらです。したがって、同様なタスクに挑戦してもらい、やる気を取り戻してもらうことが必要です。もちろんミスの核となる部分を取り出して、同じようなミスを防ぐために、レポートを書いてもらったり、その部下がミスを起こしやすい部分にはサポートを付け、次のタスクは必ず達成してもらえるようにすることが大切です。

 

 

清水建二

参考文献

感情の機能については様々なレビュー論文や実証論文を一つ一つ丁寧に読み込むことで理解出来ます。

本ブログでそれを取り挙げると膨大な量になるため、ここでは、感情の哲学を知るために適切な一冊をご紹介したいと思います。読み応えのある一冊です。

基盤としての情動―フラクタル感情論理の構想

基盤としての情動―フラクタル感情論理の構想

 

 

そしておなじみの日本初の微表情本!『0.2秒のホンネ 微表情を見抜く技術』飛鳥新社です。

微表情を見抜く技術

微表情を見抜く技術

 

 

微表情プロジェクトから出版記念パーティーへの軌跡

自著紹介

f:id:micro-expressions:20160807180433j:plain

Photo by 永田知之 写心庵

 

8月7日の日曜日に出版記念パーティーにお越し下さった皆様、本当にどうもありがとうございました。

 

関東近郊だけでなく、大阪や福島から来て下さった方もおり、こんなにも多くの方々に愛されているのだな、と改めて実感させて頂きました。

 

みなさまの笑顔溢れる素敵なお写真が手元にございますので、FBの友達限定などの場を通して近いうちに配信させて頂きたいと思います。

 

みなさまと私で作り上げた微表情に関する取り組みがこのように一冊の書籍としてまとめることができましたことは、本当に嬉しいことで、感無量です。

 

2013年秋、(株)Indigo Blueの一プロジェクトとして始まった微表情プロジェクト。

当時の社長であられた柴田励司さんの「社長の空気を読むスキルを見える化したい」という一言から始まりました。

 

Indigoの社員さんであった阿部さんという方の紹介で柴田さんと会食。「柴田さんのファシリテーションの能力は微表情ですよ。」「柴田さんの違和感察知力も微表情。」「あれも、これも微表情、あ、それは微動作かもですね。」こんな感じで柴田さんという一流の経営者の暗黙知をスキル化できる可能性を共有させて頂き、プロジェクトがスタートしました。

 

そして、2014年4月には、微表情を中心とする非言語コミュニケーションに関するコンサル会社、空気を読むを科学する研究所が設立されました。

 

しかし、なかなか新しい概念を社会に受け入れてもらうことは難しく、試行錯誤の日々が続きます。

 

様々な会社の担当者様のお顔に巻き返し不可能な軽蔑の微表情を何度、観たことか…。

 

そんな中、去年の秋頃、飛鳥新社の花島さんという編集の方から「表情についての、もっと実用的でわかりやすい書籍を世の中に出したい」というご提案を頂き、即答で「是非!」という流れで書籍執筆がスタートしました。

 

プロジェクトのスタート時からの目標が書籍出版でしたので、構想から3年以上の月日が経ち、書籍が完成したことになります。様々な学術知見を土台に弊社のコンサル事例、弊社の講座参加者様の体験談を合わせ、弊社を応援して下さる様々な方々の想いが込められた書籍となりました。

 

目次や内容を見ると、「あ~これは○○さんの事例」「これは柴田さんの暗黙知をスキル化したもの」「これは阿部さんと考えたフレーズ」「この表現、工夫したな~」「この事例は微表情を発見していなかったら、失敗していたな」「このフレーズ、こんなわかりやすく!花島さんの編集技術はすごいな」なんて思い出がよみがえります。

 

まだまだ書きたいことが山ほどありますが、このまま書いていくとどんどん取り止めがなくなりそうなので、これにて一旦、終了します。この続きやこぼれ話はまた今度。

 

とにもかくにも!

 

弊社に関わって下さるみなさま、パーティーに参加して下さったみなさま、

これまでどうもありがとうございました。そしてどうぞこれから。

 

 

清水建二

6割は勝つ方法!科学的感情アプローチ法―怒り編

表情分析

 

本日は、「6割は勝つ方法!科学的感情アプローチ法―怒り編」です。

 

怒りとは、どんな感情なのでしょうか。

 

怒りの表情は、眉が中央に寄り、目が見開き、下まぶたに力が入り、唇が上下からプレスされる、というものです。怒りは、目的達成を阻む障害物や不正義に直面することで引き起こされます。怒りを感じている人は、その障害を取り除きたいと思っています。

 

f:id:micro-expressions:20160806004125p:plain

※本画像の権利は、株式会社空気を読むを科学する研究所に帰属します。無断転載を禁じます。

 

感情というものは、自己のネガティブな状態をポジティブな状態にするために、ポジティブな状態はポジティブな状態を保つために存在しています。自分の感情状態を手掛かりに、どのような行動をとればポジティブな状態になれるのか、ポジティブな状態を維持できるのかを意識・無意識問わず、私たちは考え、行動しているのです。

 

つまり、自身や会話相手のネガティブな状態を、表情や声、その他ボディーランゲージを通して気付き、そのネガティブ感情の機能を理解していたならば、その感情の機能を意識的にサポート、促進させるような行動をとることで、ポジティブな状態に変えることができると論理的に考えることができます。

 

具体的に怒りの場合で考えてみます。

 

プレゼンテーションの場にいるとします。上司を目の前に、新商品のセールス戦略について話しています。ある説明ポイントにさしかかったところ、上司の眉間にしわが寄ってるのに気づきました。さぁ、どうしますか?

 

眉間にしわが寄るのは眉が中央に引き寄せられた結果です。怒りの可能性もありますが、眉が中央に寄るのは、熟考中の可能性も考えられます。両者それぞれにそれぞれの対応法がありますが、核となる意味は、プレゼン内容を理解するという目的を阻んでいる、ということです。怒りの場合の方が緊急的な対応が必要ですが、ここでは共通した対処法をご紹介します。それは、

 

一旦、話すのをストップする、話の主導権を上司に譲る、質問を受け付ける、話に間を置く、というものです。

 

理解不足を阻む壁が具体的に何なのか分かれば、それを直接取り除くことが出来ますが、分からない場合は、相手にそれを指摘してもらうために相手に話をしてもらえばよいのです。

 

感情の機能を具体的にどうサポートすれば良いのかわからないとき、会話の主導権を相手に渡してみる、これも科学的感情アプローチ法の一つです。

 

 

清水建二

参考文献

感情の機能については様々なレビュー論文や実証論文を一つ一つ丁寧に読み込むことで理解出来ます。

本ブログでそれを取り挙げると膨大な量になるため、ここでは、感情の哲学を知るために適切な一冊をご紹介したいと思います。読み応えのある一冊です。

基盤としての情動―フラクタル感情論理の構想

基盤としての情動―フラクタル感情論理の構想

 

 

本ブログの内容をもっと詳しくお知りになりたい方は、拙書を是非お読み下さい。

微表情を見抜く技術

微表情を見抜く技術