読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

リテールテックJAPAN 2017 & SECURITY SHOW 2017参加レポート第一弾―感情認識アプリの可能性

 

リテールテックJAPAN 2017 及び SECURITY SHOW 2017が3月7日(火)~10日(金)にかけて東京ビックサイトにて開催されておりました。

 

本日は参加レポートとして感情認識アプリのご紹介をさせて頂きたいと思います。今回私がご紹介する感情認識アプリは、凸版印刷×シーエーシーによる感情AI、Affdexです。

 

Affdexは、MITが10年の歳月をかけて開発し、世界75ヶ国400万人から収集された世界最大規模の感情データが内蔵された感情AI(米ベンチャーのAffectiva社の商品)です。

 

幸福・軽蔑・嫌悪・怒り・悲しみ・恐怖・驚きの7表情と個々に独立した21の表情筋の動きを認識することが出来ます。まずは色々な表情を、シーエーシーの社員さんとともにカメラの前でやってみました。

 

f:id:micro-expressions:20170318005601j:plain

  

みなさんの素敵な笑顔が集計されていきます。一人だけでなく集団の表情までも瞬時に認識できるところが大きな特徴です。1800回ものスマイルがこのカメラの前でなされているのですね。むむ…恐怖が少ない!意図的に恐怖表情を作ることは難しいことが知られていますので、カメラの前で恐怖表情をポーズしようとしてもAIは恐怖と認識しないのですね。しかしよく見ると5回、恐怖がカウントされていますね。このAIに恐れをなした人の本当の恐怖感情か!?…実は2回は私が恐怖表情をポーズしました。FACSコーダーはどんな表情でも、通常は意図的に作ることが出来ない表情でも意図的に作ることが出来るのです笑

 

さてさて、表情が正しく認識されることがわかったら、今度はその応用分野ですね。このAI何の役に立つのでしょうか?

 

こんなデモがありましたよ!

 

f:id:micro-expressions:20170315002700p:plain

 

 次々と食事のメニューがモニターに映し出されるのを見ていきます。

 

さて、どうなるのでしょう???

 

はい!私にオススメのメニューランキングが出ました!!

 

f:id:micro-expressions:20170315002748p:plain

 

モニターの上に付いているカメラに感情認識AIが搭載されており、次々と映し出される食事に私がどんな感情を抱いているか計測しているのです。ポジティブな感情を抱いていた順にオススメメニューが提示される仕組みなのです。

 

レストランに入っていつまでもメニューが決められない人には良いかも!近い将来、自分の潜在意識下で食べたいものを感情AIがチョイスしてくれる日が来るかも知れませんね。

 

この種の応用事例はいくつでも思いつきそうですよね。

 

婚活などでは、大量の異性の写真を見て、自分はどんなタイプの顔・プロフィールが好きなのか判断したり、会社や教室にいるメンバーの選好を計測することで、人員配置やクラス替えのサポートツールなどにも応用できるかも知れません。

 

他にも、Amazonが購入履歴からオススメ商品を通知してくれるように、Googleが検索ワードから関連広告を提示してくるように、PCや携帯のカメラに感情AIが搭載されていれば、私たちの無意識の選好(感情はときに無意識に生じるため)までも把握し、文字通り、心から欲しいと感じるモノや情報を提供してくれるようになるかも知れません。

 

直感や直観は、ときに理性によって積み上げられた推論よりも適切な解答を導いてくれることが知られています。無意識(感情)と意識(推論)との新たな共存の形とはどんなものになるのでしょうか?

 

 

清水建二