読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

1月5日放送分(文化放送)「西田あいのおしゃべり❤あいランドBAR」連動ブログー微表情って何?&こぼれ話

メディア情報

 

本日は、1月5日に文化放送にて放送された「西田あいのおしゃべり❤あいランドBAR」の放送内容について書かせて頂こうと思います(地域によって放送される日時が異なるため、放送内容に関するお話は放送日の翌週に本ブログにて書かせて頂くことにします)。

 

放送内容を聞かれていない方は、ぜひ↓↓↓から1月5日分の放送をお聞き下さい。

西田あいのおしゃべり♥あいランドBAR|文化放送 JOQR

 

最初から突然、耳慣れない言葉が登場します。

 

微表情!?

 

微表情とは何でしょうか?

 

微表情とは、

 

抑制された感情が無意識のうちに表れては消え去る微妙な顔の動き

 

のことです。

 

0.2秒以下のスピードで顔を駆け巡っていく高速のものもあれば、スピード自体はゆっくりでも極僅かな顔の動きとして表れてくるものもあります。

 

具体的に微表情はどんなときに表れるのでしょうか?

また微表情を読みとることでどんな役に立つのでしょうか?

 

放送の中でもありました「眉が下がる」という動きを通してご紹介しようと思います。

私たちの「眉が下がる」とき、それは怒っているときか熟考しているときです。

 

普通なら答えるのに簡単な質問に対して、ゆっくりと眉を下げながら答える人がいます。例えば、残業で遅く帰ると言った夫に対して妻が「今日の夜ゴハンはどこで食べたの?」と質問するとします。こうした質問に答えるのは、通常ならば簡単なハズです。こうした簡単な質問に対して、夫が眉を下げながら答える情景を想像してみて下さい。ゆっくりと下がる眉は、「熟考」のサインです。そんなとき「なんでこんな簡単な質問に答えるのに頭を働かせる必要があるのだろう?この質問、もっと追及する必要があるな。」と考えます。簡単な質問に対する「熟考」顔は、ウソを紡ぎ出しているサインの可能性があります。

 

営業マンがお客さんに商品説明をしているとします。お客さんの眉が一瞬下がれば「怒り」、ゆっくり下がれば「熟考」だと考えられます。なぜ一瞬の動きのとき「怒り」かと言うと、人はイライラしても公共の場では普通そのイライラを顔前面に出すことはしません。「怒り」を抑えます。しかし抑制しようとしてもしきれない「怒り」が瞬間的に顔に出てきてしまうのです。お客さんの感情が「怒り」の場合、営業マンの商品説明の仕方が下手で、お客さんをイライラさせてしまっているのだと考えられます。「熟考」の場合、商品説明の説明内容を理解するのが難しくて、集中して営業マンの話を聞かなくてはいけない状況だと考えられます。

 

いかがでしょうか?

微表情、「眉が下がる」動きだけでも注意することでコミュニケーションの流れを「見える化」することが出来るのです。

 

次回は、本当の表情と作った表情の違い&女性の直感力の鋭さについてお送りいたします。

 

 

~こぼれ話~

このラジオのお話を頂いたとき、一つ懸念がありました。

私、人前で話すことに全く緊張しないのです。

緊張しない状態で西田あいさんという素敵な方と芋焼酎を飲みながらトークって!

調子に乗って、焼酎飲み過ぎてしまわないだろうかと。

ろれつがまわらなくなるなんてことないかなと。

なんてちょっぴり懸念してました。

 

放送中、トークしながら飲んでいるお酒は本物の芋焼酎です。

なぜならこの番組のスポンサーが酒造組合なので、本物のお酒がふるまわれるのですね。

なんと、美味しいおつまみつき!初回の放送では、おつまみが黒豚の炭焼きでした。

結論として、お酒が美味しくて結構グビグビ飲んでましたケド、大丈夫でした。

あ~焼酎も黒豚も美味しかったな~またどこか食べたいな~

 

どなたか「西田あいのおしゃべり❤あいランドBAR」のようなところ、芋焼酎と黒豚の炭焼きが食べられる美味しいお店、ご存知でしたら紹介して下さいませ。

 

ではまた次回。

 

 

清水建二