読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

微表情のある風景③―過去の贖罪

その他

 

「微表情ある風景」第三話は、

 

「言うに言われぬ過去を背負っているあなたのココロはどこに行く」

 

です。

 

倫理的に反したことをしてしまった人が、自己の過去について語ってくれました。

 

その人は、

 

「もう過去の事だから」

 

と言い放ちます。

 

もう済んだことだからと、

 

もう終わったことだからと、

 

もう「時効」だと、

 

過去の話を淡々と話している様子でした。

 

しかし、随所に「罪悪感」「自己卑下」の微表情が現れては消え去っていました。

 

これまで、そしてこれからも、人に言うに言えない倫理的な罪悪感を背負い生きる、

 

それに気づいたとき、どうしてあげたら良いのだろうか。

 

…。

 

…。

 

警察車両に乗り込む容疑者を目にすることがあります。

ほとんどの容疑者は、「恥」や「罪悪感」が混じり合った表情をしています。

今後の行く末に気をもみ、「不安」表情をしている容疑者もいます。

痴情がらみの事件では、「嫌悪」表情を見せる容疑者もいました。

事態を呑み込めていない容疑者は、感情をなだめようとする表情をしたりしていました。

対照的に、「誇り」表情をしていたテロリストもいました。

 

倫理は道徳が定義します。

犯罪は法律が定義します。

 

「ルール」を犯した時に人がどんな表情をするかによって、どんな感情を持つかによって、その人の未来がある程度わかるような、そんな気がします。

 

 

清水建二