読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

日本人の目の動き

 

ケース①

家にて返却された宿題の点数を見たお母さん

お母さん:「テストで30点!ちゃんと勉強したの?」

子ども:「(一瞬、目線を下げて)…はい。」

 

ケース②

中古車センターにて

お客さん:「この車、ちょっと安すぎませんか。」

ディーラー:「(一瞬、目線を下げて)…はい。」

 

ケース③

就職面接にて

面接官:「なるほど。あなたは部活のリーダーだったのですね。リーダーとして苦労した点は何ですか?」

応募者:「(一瞬、目線を下げて)…はい。」

 

 

それぞれのケースにおける目線の意味は何でしょうか?目線を下に下げる動きの意味は、色々ありますが、科学的根拠のあるものとしては、主に、羞恥心、恥感情、罪悪感、思考のサインなどを挙げることが出来ます。

 

それらの見分け方のポイントは、表情、頭の向き、姿勢、タイミング、文化的表示規則、文脈などの目線以外の情報とともに考える、ということです。

 

例えばケース①の状況では、

子どもの目線が下に向くのと同時に頭の向きが下に向いたら、子どもは恥感情を抱いているということが推測されます。

 

ケース②の状況では、

ディーラーがやはり目線が下に向くのと同時に頭の向きが下に向いたら、ディーラーは恥感情、もしくは罪悪感を抱いていると推測されます。ただしケース①の場合とは異なり、この場合、ディーラーは何らかのウソをついている可能性があります。なぜか?ここで簡単に説明します。人がウソをつくとき、特定の感情を抱きやすいということが知られており、その一つが罪悪感なのです。

 

ケース③の状況が一番の問題にしたいよくある状況です。

面接官の質問に対し、応募者は、解答をはじめる前に一瞬目線を下げた、この動きは何を意味するのでしょうか?

 

応募者の何らかの後ろめたい気持ちの表れでしょうか?

 

ウソをでっち上げてる証拠でしょうか?

 

それとも…!!!

 

丁度区切りが良いので本日はここまで!

ではまた次回お会いしましょう。

 

 

清水建二