読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

メディア論・コミュニケーション学から表情研究へーその1

 

今回は、少し私のお話をさせて頂こうと思います。

 

私は、東京大学大学院情報学環・学際情報学府というところに入院(※)していました。

 

ここは、メディア論やコミュニケーション学を中心とした学問横断的な大学院でした。私の研究テーマは、

 

「インドにおけるヒンドゥームスリム間暴動のメカニズム」

 

の解明でした。

 

なぜ集団が同じ目的を持って、暴力行為に走れるのだろうか?

どのように暴徒が形成されるのだろうか?

集団間でどんなコミュニケーションがなされ、暴動行為が維持されるのだろうか?

誰が、何が、どんなことがきっかけで実際の集団暴力が始まるのだろうか?

 

そんなことを研究していました。

 

顔は?

 

そうです。顔ですね。表情と暴動がどう関係あるのか?ですよね。

表情に対する興味は大学院以前からありましたが、学問的につながったのは大学院からです。

 

コミュニケーションにおいて情報というのは「送り手」から「受け手」に小包のように送り届けられるのではなく、様々な変形を経て、相手に届きます。つまり「送り手」のオリジナル情報が幾分か変形して「受け手」に届くのですね。

 

この変形の要因の一つとして非言語情報があります。この非言語情報(いわゆるボディー・ランゲージです)の重要性に注目したことから、私の表情研究が始まりました。

 

実はインドにおけるヒンドゥームスリム間暴動は、発生場所も時期も大きな偏りがあり、多くは計画的なものです。

 

多くの暴動の発生前には、宗教的なイベントが開催されており、その主導者らが宗教的メッセージを込めたスピーチをしているのです。

 

このイベントやスピーチは暴動発生や暴徒の規模と関わっているのだろうか?

そうだとしたらどんなふうに主導者らのメッセージが集団に伝わり、それが集団暴力につながるのだろうか?

 

と思うようになりました。

 

そこで情報の伝わり方や集団間コミュニケーションのメカニズムなどを学び始めたのですが、研究を始めて1年でこれまでのアプローチを放棄しなくてはならない事態となりました。

 

それはどんな事態かと言いますと…次回に続きます。

(続く)

 

 

清水建二

 

※「入院」という言葉に違和感を覚えますでしょうか?大学院というところは、院ですから、入学ではなく、入院と言います。さらに大学院で研究し続けると、病的になる=一種の病人になるという揶揄が込められており、大学院=病院という構図からそう呼ばれているのです。私にはリアルに感じられ怖いです。