微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

個人的なエピソード

微表情のある風景④―メンタルヘルスの原因?

「微表情のある風景」第五話のテーマは、 「空気を読めない上司が部下を苦しめるのか?」 です。 喫茶店での盗み聞き、もとい、盗み見。 先輩:この件も頼むよ! 後輩:先輩、仕事私に任せ過ぎですよ~ 後輩は、一見、笑顔。 しかし、その眉間には一瞬、小刻…

微表情のある風景②―CSが高まるカフェ

「微表情のある風景」第二話です。 本日のお話は… 「シンパシーを感じるカフェの店員さん」 私がよく行くスタバでのこと。 新商品らしきパンのようなものが目に入りました。 「これは何だろう、どんな味だろう」と思い、店員さんに聞きました。 私:「このパ…

微表情のある風景―終電間際の上司と部下

新シリーズスタートです。題して「微表情のある風景」です。 本シリーズでは、日々私の日常で垣間見る微表情や素敵な表情、表情コントロールなどをご紹介しようと思います。 記念すべき第一話は… 「ひどく疲れた日の終電間際にふとココロが軽くなった瞬間を…

メディア論・コミュニケーション学から表情研究へーその3

(前回のお話) 修士論文執筆の傍ら表情学にも没頭し、4?3?年かけて修士課程を修了。表情学を本格的に研究すべく大学院を探すも、様々な理由から断念する。それでも、表情学への憧憬は捨てきれず、独学は続く。どうやって独学から体系的な専門知識を得てき…

メディア論・コミュニケーション学から表情研究へーその2

(前回のお話) 大学院でコミュニケーションのメカニズムを学ぶうちに、暴動という集団行為の根底に流れるコミュニケーションのメカニズムに興味を抱き、それを可視化しようと試みたものの… 仮説は立てられるのですが、どうしてもその仮説が実証できないこと…

メディア論・コミュニケーション学から表情研究へーその1

今回は、少し私のお話をさせて頂こうと思います。 私は、東京大学大学院情報学環・学際情報学府というところに入院(※)していました。 ここは、メディア論やコミュニケーション学を中心とした学問横断的な大学院でした。私の研究テーマは、 「インドにおけ…

プロローグー微表情とは何か?

さて、唐突ですが、私が体験した微表情の実例をご紹介いたします。 ---------------------------------------------------------------------------------- 銀座にあるスターバックス、私はコーヒーの香りに包まれながら、何をどう話すか思考を巡らせていま…