読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微表情

フラッシュのように一瞬で表れては消え去る微妙な表情、微表情。このブログでは、微表情、表情、顔を始めとした非言語コミュニケーションの研究や実例から「空気を読む」を科学します、「空気」に色をつけていきます。

その他

2017年5月14日(日)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は、先日の日曜日に開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。 開催場所は東京ビックサイトでした。 いつ見ても不思議な感じが刺激される建物です。 少し肌寒く曇って感じる日で何だか雨も降りそうで…

2017年2月26日(日)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は、先日の日曜日に開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。 本イベントでの登壇は約半年ぶりとなりました。 場所は…ここはどこでしょうか? いつもとは違うアングルから。 左端に見える特徴的な建…

バタフライ・エフェクト

忘年会でした。 英国風だったか、ビートルズだったか、オシャレな曲が流れ、鼻に抜ける風味が特徴的な熟成肉とコクのある赤ワインが美味しいお店でした(にしても、凄い店名!アバンギャルドが口グセだったあの教授、今、何しているかな〜)。 小さく一口サ…

私が目指す科学と経験のハイブリッドへの道

空気を読むを科学する研究所が設立したのは、2014年4月です。設立当初から弊社、もとい私が目指しているところは、「科学と経験のハイブリッド」です。 私は大学に4年、大学院に4年いました。その間、ずっと思っていたことは、 「科学知見と現実世界とはど…

注意力テスト2

本日は皆さんに次のテストに挑戦して頂きたいと思います。 注意力テスト2です。 問題:次の動画を見て気づくことは何でしょう? 最初から「あること」を認識しているのと「あること」を認識していないのとでは大きな違いが生じることを本動画は教えてくれま…

注意力テスト

本日は皆さんに次のテストに挑戦して頂きたいと思います。 注意力テストです。 問題:白い服を着ているチームは何回パスをするでしょうか? 正解は…何回でしょか? 白い服のチームを黒い服のチームが交互にパスをしているために目で追うのはなかなか大変だっ…

2016年8月17日(水)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は、本日開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。 場所は、 いつもと違うアングルから… 東京ビックサイトです。 実は2017年に新卒で社会人となる学生さんに贈る最後のセミナーでした。 私が担当し…

2016年7月18日(月)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は、祝日の月曜日に開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。 場所は、東京ビックサイトです! 最近、イベントの日は、曇りの日が多かったので久々の晴天で凄く気持ちよかったです(同時にもの凄く…

2016年6月23日(木)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は、一昨日開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。 面接対策を通じて、相手の意図を感じ、自分の想いを正しく伝え、コミュニケーションの場を適切に治めるためのTips、「感」・「伝」・「治」をお…

2016年5月14日(土)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は、本日開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。 本日は、面接対策を通じて、相手の意図を感じ、自分の想いを正しく伝え、コミュニケーションの場を適切に治めるためのTipsをお話しさせて頂きまし…

2016年3月12日(土)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は、先週の土曜日に開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。 面接対策を通じて、相手の意図を感じ、自分の想いを正しく伝え、コミュニケーションの場を適切に治めるためのヒントをお話しさせて頂き…

表情分析を学ぶことと現代文を学ぶことは似ている

私が様々な場所で表情分析の話をしていると両極端な反応が返ってきます。 好意的な反応としては、 「これは凄い!表情をこんなに論理的に説明出来るなんて!!色々なことに使える!!!」 というものです。 否定的な反応としては、 「表情なんて勉強しなく…

2016年2月6日(土)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は、本日開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。 本日は、面接対策&OB・OG対策を通じて、相手の意図を感じ、自分の想いを正しく伝え、コミュニケーションの場を適切に治めるためのTipsをお話しさ…

2016年1月16日(土)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は、本日開催されましたキャリタス就活フォーラムby DISCO様のイベントを振り返らせて頂こうと思います。 本日は、OG・OB対策&社会人とコミュニケーションをするということに焦点を当てお話しさせて頂きました。具体的には、家族や友達以外の初めて会う…

劣等感と人嫌い

毎年この時期になると思い出されることがあります。 自分が成人式に出席しなかったことを。 どこかで発信したかも知れませんが、私は大学に入るために3浪しました。 20歳のときには絶賛、浪人中。 失意の中、おめでたい席に自分が出席することは憚られまし…

微表情活用事情 in 日本

我が国日本では、微表情の知見はどのように活用されているでしょうか? 公開されている情報に限っていうと、皆無な状況です。そもそも日本にいる微表情を研究対象にしている研究者は数えるほどしかいません。また表情を視認で分析できる認定FACSコーダーも数…

微表情活用事情 in アメリカ

本日は、微表情がアメリカでどのように活用されているかについてご紹介したいと思います。 現在、ポールエクマン博士の会社とディビッド松本博士の会社が中心となり、様々な政府、医療、教育機関や私企業に微表情の知見及び検知トレーニングを提供していま…

Lie to meから学べる表情学9

Lie to meエピソード1の第一話「偽りを見抜く男」でこんな場面が出てきます。 ある人物の感情を確かめるために、ライトマン博士がその相手にさりげなく握手をします。 その後、握手をした理由を次のように語ります。 「生理的逃走反応だ。逃走に備えて血流は…

Lie to me から学べる表情学8追記―やじろべえの精神

前回のブログでは、科学の大切さを書かせて頂きました。 本日は経験の大切さのお話です。 説明知と生活知という言葉があります。 多数の表情筋の名称や位置、機能を理解し、表情筋のコミュニケーション上の意味を説明できる。ビデオ録画を用いて、コンマ毎に…

Lie to me から学べる表情学8

本日は、Lie to meのとあるセリフを通じて、科学のお話をさせて頂きたいと思います。 Lie to meエピソードⅠの第2話「小隊の秘密」の最後のシーンで次のようなセリフがあります。 「素人には全体像が見えない。それで人が傷つくこともある。」 元々の英語では…

2015年10月3日(土)キャリタス就活フォーラムDISCOイベント振り返り

本日は先週の土曜日に開催されたキャリタス就活フォーラムbyDISCO様でのイベント内容を簡単に振り返らせて頂こうと思います。 10月の今回のイベントから来年度の内定者向けの面接対策セミナーとなり、心機一転、熱い学生の皆さまとお会いできるのを楽しみに…

微表情のある風景③―過去の贖罪

「微表情ある風景」第三話は、 「言うに言われぬ過去を背負っているあなたのココロはどこに行く」 です。 倫理的に反したことをしてしまった人が、自己の過去について語ってくれました。 その人は、 「もう過去の事だから」 と言い放ちます。 もう済んだこと…

宗教タブーと嫌悪感

本日は、「ウソ検知の科学」をお送りする予定でしたが、気になるニュースがあったのでそれについて一言書かせて頂きたいと思います。 宗教タブーと嫌悪感についてです。 特定の宗教を信じているからこそ感じてしまう嫌悪感というものがあります。 東京入国管…

Lie to meから学べる表情学7

本日のブログはLie to meのウソ・ホントです。 Lie to meエピソードⅠの4話で、花嫁が自分の名前を言うとき、彼女の片方の肩だけが上に動きます。この動きから、ライトマン博士らは花嫁が自分の名前について嘘を言っているのではないかと疑います。 この解釈…

Lie to meから学べる表情学6

Lie to meエピソードⅠの4話冒頭で「危険表情」というものについてライトマン博士は説明しています。 「危険表情」とは、暴力犯罪をこれから引き起こそうと企てている人の表情のことを言います。 本当にそんな表情などあるのでしょうか? 実は、あります。 こ…

Lie to meから学べる表情学5

今回はLie to meから学べる表情学の第5回目です。 本日取り上げる話題は、Lie to meエピソードⅠ第1話のあるシーンです。 始まりから23分くらいのシーンでジリアンがある政治家に特定の日の出来事について 質問しています。その後、 「その日の出来事を逆から…

それでも僕は顔をみる

二十歳のときにある事件に巻き込まれて以来、私は人がつくウソという現象に大きな関心をよせるようになりました。とりわけ、 どうすればウソを見抜けるようになるのだろうか、 と。 その答えを求め、犯罪学からプロファイリングを、統計学からベイズ確率論を…

Lie to meから学べる表情学4

まずはこちらの動画の1:01あたりをご覧ください。 「2秒以上驚きが続いたらそれは作られた驚きだ」とライトマン博士は言っています。 さぁ、これは科学的に正しい知見でしょうか? 正解は… その通り! です。 「驚き」感情が表情に表出されるとき、 本当の驚…

Lie to me から学べる表情学3

Lie to meの話題も本日で3回目となりました。 この作品は、とても面白く、ためになるのですが、劇中の話題を現実世界に利用しようとするときには注意が必要です。 全シリーズを通じて、表情学及び嘘検知の世界的権威であるポール・エクマン博士の研究がベー…

Lie to me から学べる表情学2

まずはこちらの動画をご覧ください。 Lie to meのオープニングです。 何やらころころ変わる顔の動きに合わせて数字とアルファベットが「ぴょん!」と飛び出しております。 「6D+12D+25C:GENUINE SMILE」 「1A+2A+5A:SURPRISE」 などなど。 これはFACSコード※…

続・右は正義?

前回の記事では、文化や言語を通じて「右」と「良きもの」を関連づける傾向にある一方で、私たち個人の選好は、利き腕の方に偏っているという実験結果を紹介しました。 文化・言語が作り上げた「右」側に対する選好と私たち個々人の利き腕に対する選好の不一…

Lie to me から学べる表情学

みなさん、アメリカのドラマ『Lie to me 嘘の瞬間』をご存知ですか?日本では4年前くらいからDVDがリリースされ、同時期から今年の初めくらいまでテレビで再放送が何度かされていましたのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。 まずは紹介動画をご覧くだ…

魅かれる「におい」-埋め込まれた異性探索機能

今回は表情から少し離れ、嗅覚について書きたいと思います。私たちはなんと鼻からも「空気を読んでいる」ようなのです。 誰しも好きな、もしくは嫌いな「におい」というものがあると思います。それは対人関係にも当てはまると思われます。異性と接していて、…

感情が彩る体内マップ

不慣れな業務に頭がフラフラし、多くの人に注目され胃がキリキリし、プレゼンを褒められ目頭が熱くなり、突然の雷に肩がすくみ、次のプロジェクトに向け胸が膨み、B級ホラー映画を観てドキドキし、論文を読んで科学の奏でるハーモニーに魂が鼓舞する… このよ…

いつしかマネはマネではなくなる

前回のブログで、私たちは「悲しいから泣く」だけでなく「泣くから悲しい」という現象があることをご紹介いたしました。面白いことに、類似した現象が身体の姿勢についても言えるようです。 ※動画で登場する4つの姿勢は、下記に紹介している実験で使用され…

メガネに診られる

「JINS MEME」に関する映像削除(2014.5.29) これ、凄いですよね。 目の動きから、疲労度、眠気、姿勢などがわかるそうです。 特殊な装置を使うことで目の動きからウソを探知でき得ることを、3月29日のブログの注釈でご紹介いたしましたが、このメガネの使…

TOEICの裏?荒?ワザ?

突然ですが、私はTOEICが好きです。TOEICとは英語の試験のことです。あのゲーム的なところが好きなんです。年に1~2回はTOEICを受けに試験会場まで足を運びます。 私の使っているちょっとした裏?荒?ワザをご紹介します。リスニング・セクションで聞き取れな…

目は口ほどにものを言う?

昨日はセミナーに参加して下さった45名の方々、本当にありがとうございました! 会場の熱気や会場で直接頂いた皆様のお言葉に今も感動しております。 現在、皆様から頂いたアンケートに目を通させて頂いているところです。アンケートの内容を適切にフィードバ…

微表情の効用

「あの人は空気が読める(もしくは読めない)からね」とか、「彼女は、“察する“のが得意(もしくは不得意)だ」といったようなビジネスや日常生活で出会うこれらの能力には、どんなスキルが隠されているのでしょうか?それらを解き明かすヒントのひとつとし…